この声

2021年衆議院議員総選挙に見る 野党党首比較

今回圧勝すると言われている自民党の総裁については前回の総裁選の声診断で分析していますので、
その他の党首の声から見えてくるものを解析してみました。

公明党党首 山口那津男氏

 

 

ゴールドの色が強く出ているところから、信念が強く、どんな状況でもぶれない強さを持っているところに特徴がみられます。また人望が厚く、穏やかにまわりの人を大切にしながらリーダーシップを取れるというよさがあります。

 

課題はブルーです。枠の中におさまり、枠の中でうまくやっていこうとする傾向があります。

混沌とした今の時代には、枠を外し、新しいことに臨機応変に素早く対応し、チャレンジしていくリーダーシップが求められます。これまでの既成概念をも手放していくことが鍵となりそうです。

 

 


立憲民主党党首 枝野幸男氏

ゴールドとイエローに強く波形が出ています。ゴールドは信頼というエネルギー、イエローはカリスマ性のエネルギーです。この2色が強く出ているということは政治家になるために生まれてきたといっても過言ではないでしょう。

 

課題はグリーン、ブルーです。グリーンは調整力の課題です。これはイエローの自分の思いが強いがために、和する、組織を広げる、組織を調整するということが手薄になってしまうのかもしれません。ブルーはこれまでの政治の常識、価値観を超えることの課題です。野党として対決するには、自民党と戦う新しさやインパクトが足りないように思います。

 

出典

 


共産党党首 志位和夫氏

 

とてもバランスの良い波形で、レッドからブルーにかけて色が出ています。委員長就任から20年もの長期に渡り続けてこられたことや、他の野党との選挙協力が当たり前になってきたということからも、人間力の幅を持つ志位党首による影響が大きいと言えると思います。

 

課題はネイビー、バイオレットです。ネイビーはこれからの時代のAI化、外国との関係性など、大きく変わっていく未来に対しての、先々のビジョンや具体的な対応の仕方などが十分に見えていないかもしれません。そしてバイオレットは変革の力です。維持の力と変革の力は真反対にありますが、今の時代は、ますます新しいことを生み出す改革の力が必要とされると思います。

出典

 


国民民主党党首 玉木雄一郎氏

イエローとライムグリーンに強く波形が出ています。カリスマ性と周りを巻き込んでいく力に長けていることがわかります。立憲民主党の枝野氏と袂をわかったのも、玉木氏のイエローと枝野氏のイエローがぶつかりあったためではないかと思われます。しかし一度玉木氏が本気になれば、改革する力を秘めている事もこの波形からもわかります。

 

課題はブルー、アクアです。これは先のビジョン、向かう先がいまいちはっきり見えていないということです。向かう先がはっきりと見えたときに、人を巻き込む影響力というのが発揮できます。混沌とした時代、多くの政治家は先が見えなくなっていると思います。そんな中においても、もう一度初心に返り、ゼロから本気で命をかけ、国を変えていくという思いを期待しています。

出典

 


れいわ新選組代表 山本太郎氏

野党5候補の中で、声の波形が抜きん出ていたのは山本太郎氏です。これは長いものに巻かれないというスタンスが、なんのしがらみにも縛られずに自由に話しているためだと思います。山本氏の街頭演説が遠くから聞こえてくると思わず足を止めてしまうほど、人を引きつける「声」と「話し方」です。

 

課題はレッドとマゼンタです。理想を現実的にどれだけ実現できるかと言った課題です。また個の力の枠をどれだけ超えて行けるかが課題となります。個の限界を超え、どれだけ世論を動かせるかが鍵となります。

出典

 

 


松井一郎大阪市長

オレンジ、ゴールドに強く波形が出ています。これは義理人情に熱く、とても実直な性格を表していることが分かります。またレッドからゴールドにかけて、強く波形が特化していることから、一度思い立ったら実現するまで猪突猛進で行動していき、行動の背中で引っ張っていく有言実行型リーダーだと言えます。

 

課題は、その他の色、特にブルー、バイオレットが少ないということです。戦略、冷静さ、全体の構図、先のビジョンなどを指し示すことなどです。もしそばに軍師のような存在がいて、その実行部隊として現場で行動していくことに特化することができたら、パワーバランスがとれて来るのではないかと思います

出典

 

 

 


吉村洋文大阪府知事

 

ゴールドに強く波形が出ています。これは信念の強さ、ぶれない軸の強さを表しています。松井市長もゴールドが強かったので、ゴールドの強い信念や思いでつながっている関係性なのだと思います。更にプラスして、レッドの行動力、イエローからネイビーにかけても波形が出ていることから、人とのやり取りやビジョンを伝える力、戦略などを考える冷静さなどもバランスよく持ち合わせています。

 

課題はバイオレット、マゼンタです。次なるステージ、新しい時代にとって本当に大事なものはなにか?を知ることです。それは戦略や仕組みといったものではなく、人が自然や命と共存共栄して行くことに価値をおいて政治に携わることができたなら、大阪だけではなく、日本を救済していくことにつながると思います。

出典
https://www.youtube.com/watch?v=voUt6Vy1f_A

 

 

 

 

 

-この声

© 2022 声を進化させ現実を動かす声道 Powered by AFFINGER5